求人を探すなら無料でも出来ますよ【0円終活】

タクシー業界の状況

タクシーの需要の時代による変化

タクシードライバーは第二種の自動車運転免許の資格取得をすることによってなることが可能になる職業であり、運転が好きな人であれば比較的負担の少ない仕事です。タクシーは地下鉄等の公共交通網が発達する以前ではバスと並んで広く利用される交通手段であったことから、その需要は高く、どんな地方においてもタクシードライバーの高い需要がありました。そのため、それを仕事として目指す人もいれば、退職後のアルバイトとして選択する人もいました。 今日では公共交通網の発達と自家用車の所持率の増加により、タクシードライバーの需要が若干低下する傾向が生まれてきています。しかし、企業人の多い都市部や観光客の多い地方ではその需要は高い傾向が続いています。

タクシードライバーを担う年齢層の低下へ

タクシーの需要が変化してきたことに伴い、タクシードライバーの需要も変化してきています。それと同時に、担い手についても変化が見られてきています。高齢者による交通事故が増えてきていることから、退職後の人材を雇わないタクシー会社も散見されるようになってきました。 一方で、タクシードライバーとなるためにはその地域についての深い理解が必要とされ、道等に詳しいことが重要でした。しかし、カーナビの普及によってその必要性が低下し、第二種運転免許を持っているだけで気軽になれるものとなってきています。そのため、地域について詳しい中年以降の人材が多かったものの、タクシードライバーを担う年齢層も若い方へと広がっていく傾向が生まれると予想されます。